■猫にギター [そして世界に恋をする]


- I'm in love with the world through the eyes of a girl
 who's still around the morning after
 we broke up a month ago and I grew up I didn't know
 I'd be around the morning after -



ひとつ出会いがあり、別れがあるとして
それが、たとえ とても孤独で辛いものだとしても
私は少女の瞳を通して、この世界に恋をする。

独りになったって、最後にとても大事なものが残る。
それは自分自身だ。
もし、愛する人に できる限りの事をしたのなら
貴方は別れを悲しむ必要はない。
自分を責める事も、相手を恨む事も、
絶望する事もない。
最後に残った自分の、曇らない瞳で
何度でも、この世界に恋をすればいいのだ。

Elliott Smithの「say yes」という曲を聴くたび
私は、そんな事を想う。

私達は 生きている。

           [say yes] - Elliott Smith








posted by Azberry Park Ltd. at 2003-05-20 00:00 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。