■Scenes かげろう

かげろう

かげろうが

その日 一日

私のあらゆるシーンに チラチラあらわれるので

一度じっくり見てみようと思ったら

私の目の前で とまって見せてくれた。



4枚の 真っ黒でヒラヒラした羽を折りたたむと

まるで 一本の黒い線のように見えた。

これでは一瞬見失うのも無理はないと思った。


「わかった?」


スーッと消えてしまった。


posted by Azberry Park Ltd. at 2006-01-04 00:00 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。